人気ブログランキング |

カテゴリ:美術館( 16 )

オルセー美術館

d0337937_05104344.jpg


オルセー美術館には朝10じ過ぎに着いた。入り口で待っている人はいない。
わぁ〜ラッキー。この前孫と来たときはずっと並んで待っていたのに。
d0337937_07025923.jpg


入り口で荷物の検査をして中に入る。
最初にガラス張りのドーム天井が目に入る。
d0337937_07030066.jpg


まず2へと向かう。
セーヴル焼きがある。
d0337937_07030038.jpg


豪華な天井
d0337937_07030083.jpg



d0337937_07030175.jpg


次は5印象派ギャラリーへ、
カフェ「カンパーナ」を通り抜けて
まだ開いていない。
午後は満席になる。
d0337937_08105119.jpg


わぁ〜また会えた。
モネの「リラの下で休息」
d0337937_08105160.jpg


「サン・ラザール駅」
連作12枚のうちの1つ
d0337937_08105222.jpg


ショップ、休憩所があるところ
d0337937_08105213.jpg


建物がかっては駅舎だった名残の時計
d0337937_08105239.jpg


ゴッホの絵の前には人がたくさんいた。

ロダンの「地獄の門」
d0337937_08201705.jpg















by linden2151026 | 2016-03-15 08:08 | 美術館

ヴィトン財団美術館

今日は12度にも上がり、昼間はコートがいらないくらい暖かかった。

日本からお客様がいらしてたので、バリをご案内した。
ヴィトン財団美術館を訪ねたいとのことなので、凱旋門からバスで行くことにした。

ヴィトン財団美術館
d0337937_09513413.jpg


d0337937_09513585.jpg



d0337937_09513541.jpg


d0337937_09590760.jpg


イタリアンパセリ、ヤロー、ミントなどのハーブや、シューズとか無造作にあるオブジェ
d0337937_09590811.jpg



d0337937_09590848.jpg


d0337937_09590996.jpg




by linden2151026 | 2016-03-12 06:32 | 美術館

バルザック記念館

偶然見つけたバルザック記念館。
中に入ってみる。
d0337937_09004908.jpg


バルザックは19世紀のフランスの小説家。
日本では「ゴリオ爺さん」で知られている
d0337937_09004913.jpg


バルザック像
d0337937_09004938.jpg



d0337937_09005026.jpg


d0337937_09005057.jpg


d0337937_09005070.jpg


d0337937_09005168.jpg



by linden2151026 | 2016-02-27 08:48 | 美術館

セーヴル国立陶磁器美術館 その2

陶磁器ができるまでのビデオをみたり、
バーチャルな体験が出来たりするコーナーがあって、楽しかった。
私作(バーチャルで)3枚作りました(笑)
d0337937_08251914.jpg


古代エジプト
d0337937_08252042.jpg


香炉 17〜18世紀
キュタヒヤ (トルコ)
d0337937_08252073.jpg


こんなに美しいお皿なのに・・・
イスラム
d0337937_08252088.jpg


美しいボウル 1750代
d0337937_08364409.jpg



ジョウロと花束
d0337937_08364479.jpg


チョコレートカップ 1803年
ナポレオンとジョゼフィーヌ
d0337937_08364538.jpg


ジャスミンカップ&ソーサー 1812年
マリー・ルイーズ(右)
d0337937_08445386.jpg



ヤドリギの花瓶
d0337937_08445347.jpg



レモンと花 の花瓶? 1700年代
d0337937_08445300.jpg



ポットとボウル 1780年
d0337937_08473662.jpg


iphone で撮したのはごくわずか。
たくさん展示してあった。
美術館で2時間半ゆっくりみることができた。
by linden2151026 | 2016-02-21 08:55 | 美術館

セーヴル国立陶磁器美術館 その1

セーヴルの駅を降りて、セーヌ川の方に歩いて行くと セーヌ川の向こうにセーヴル美術館が見えてきた。
d0337937_02142320.jpg


やっと来れた。
そんなに遠くないので、いつでも行けるということもあったが、今日思い立って出てきた。
d0337937_02142488.jpg



d0337937_02142446.jpg



門を入ったところでバックのチェック、また美術館入ったところでバックとボディチェック。

セーヴル焼きはもちろんのこと、紀元前エジプト、ギリシャ、アジア、日本と世界中の焼き物が展示されている。

日本の美しい焼き物
茶器 京都
d0337937_07160774.jpg



左は藪 明山 大阪 1800年代
右は薩摩焼 1800年代
d0337937_07160728.jpg



香炉 有田焼 1800年代
d0337937_07160724.jpg


茶器
唐津焼 1600年代
d0337937_07160811.jpg



中国の景徳鎮の陶器
d0337937_07354431.jpg



d0337937_07354440.jpg


d0337937_07354428.jpg


もう10年近くになるが、娘が結婚する前に主人と3人で行った上海。
娘は結婚する時、景徳鎮の茶器を持って行きたいと言って、ちょうど旧正月(春節)
に行ったことを思い出した。
それぞれ自分の好みの茶器セットをああでもない、こうでもないと選んでいたっけ。


by linden2151026 | 2016-02-21 07:56 | 美術館

マルモッタンモネ美術館

今日は祝日で学校が休みなので、ブローニュの森の近くにあるマルモッタンモネ美術館に行く。バスを降りて秋の紅葉の林の中を歩く。

d0337937_05064276.jpeg
ジムにあるような自転車こぎとか、ツイスト運動、大胸筋を鍛える器械がおいてある。

d0337937_05085361.jpeg
老若男女の人々が楽しんでいる。
私も挑戦。ツイスト運動が気持ちよかった。

d0337937_08093237.jpeg

d0337937_05102444.jpeg


回転木馬で遊ぶ子供たち

d0337937_08142133.jpeg


マルモッタンモネ美術館が見えてきた。

d0337937_05140505.jpeg

マルモッタンモネ美術館には、印象派と言われる由来の「印象・日の出」が収蔵されている。
一番好きな絵。ノルマンディー地方のル・アヴール港の日の出を描いている。
「睡蓮」、「積みわら」、「ジヴェルニー近郊のセーヌ川の朝」などに代表される、自然の中での時間、天候によって変化する移ろいゆく陽の光を表現している。

「ジヴェルニーのセーヌの支流」、「アガパンサス」「藤」にも心惹かれる。オルセー美術館にある「リラの木の下で」「ひなげし」もお気に入り。
中央に椅子が配置されているので、ゆっくり座ってみることができる。

館内での撮影は禁止されているので、ポストカードを撮したもの。

「印象・日の出」

d0337937_05242168.jpg

「ジヴェルニーのセーヌの支流」

d0337937_08324662.png

by linden2151026 | 2015-11-12 05:49 | 美術館

パリ在住リンデンの日々の出来事


by linden
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る