2018年 11月 01日 ( 4 )

11月1日はToussaint

11月1日はToussaint

d0337937_04311195.jpg


d0337937_04314207.jpg

今日はカトリックの祭日で、祝日となります。

フランスではこのトゥッサンにあわせて、10月20日から学校が2週間のバカンスになります。

トゥッサンには家族が集まって菊の鉢植えを持って、お墓参りをするそうです。日本のお盆に似ていますね。

お店もお休みのところが多いです。



[PR]
by linden2151026 | 2018-11-01 20:00 | 行事

ファン・ゴッホ美術館

ファン・ゴッホ美術館
アムステルダム国立美術館
d0337937_21495225.jpg
から歩いて、ミュージアム広場にでると、ゴッホ美術館が見えてきます。
d0337937_21471897.jpg

d0337937_21475572.jpg
特別展などが開催されるこの別館は黒川紀章氏の設計。
d0337937_21482013.jpg
本館内部の撮影は禁止になっています。
ゴッホの作品を一度にたくさん鑑賞することができます。
日本語のマルチメディアガイドがあったので、4時間たっぷりゴッホの人生と作品を深く知ることができました。
最後の作品「木の根」、そして、人生最後の数週間眺めて描いたであろう「カラスのいる小麦畑」、限りなく続くオーヴェルの小麦畑。
「田舎の自然は健康的で、活力をあたえてくれる」とゴッホは考えていた。と言う。
ゴッホの人生そのものの美術館でした。観終わった後は、私の中で、今までゴッホに抱いていた気持ちが少し変化したように感じました。
別館にある特別展は撮影できました。
d0337937_22380261.jpg

d0337937_22382672.jpg



[PR]
by linden2151026 | 2018-11-01 16:30 | 美術館

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館

アムステルダム国立美術館へ
d0337937_07423932.jpg

レンブラントの「夜警」の前は大勢の人が...
d0337937_07434445.jpg

フェルメール

「Woman in Blue reading a Letter」

手紙を読む青衣の女

d0337937_07481037.jpg

フェルメール「The Little Street」
小径
d0337937_07484162.jpg

フェルメール「The Love Letter」
恋文
d0337937_08330518.jpg

是非見たかった絵「は、東京の「上野の森美術館」に行っていました(T . T)
このフェルメールの絵「The Milkmaid」牛乳を注ぐ女を日本に運ぶために、特別にルイ・ヴィトンがトランクを製作したそうです。




[PR]
by linden2151026 | 2018-11-01 07:36 | 美術館

レンブラントの家

レンブラントの家
レンブラントハイス美術館は、レンブラントが20年間住んでいた家がいまでは博物館になっています。
d0337937_05202729.jpg

d0337937_05204882.jpg

内はレンブラントが住んでいた 17世紀の当時の、スタジオや居室などの様子を再現しています。
アムステルダム国立美術館に展示されている「夜警」はこのアトリエで製作したそうです。
d0337937_05243673.jpg
鮮やかな色
d0337937_05245687.jpg
絵の具を亜麻仁油で溶いていたそうだ。これには感動しました。
d0337937_05251328.jpg

d0337937_05253181.jpg

d0337937_05254750.jpg



[PR]
by linden2151026 | 2018-11-01 04:04 | 美術館

パリ在住リンデンの日々の出来事


by linden
プロフィールを見る
画像一覧