人気ブログランキング |

リヨンの絹織物

絹の街リヨンは絹織物の歴史は大変古く、13世紀 から始まった。
18世紀は最盛期であり、ジョゼフィーヌ皇后は1年間に200着仕立てたそうな。
現代に至りオートクチュールの注文を受け、手織りで織っている。
しかし、今は大変少なくなっているそうだ。
旧市街にある絹工房に伺った。
手織りを続けている人が、リヨンで9人と言われているうちのお1人の工房。
18世紀の織機が置いてあった。
リヨンの伝統的なシルクと金を使った織物を説明して下さったり、丁寧に教えていただいた。

18世紀の織機
d0337937_12461460.jpg



繊細な刺繍が施されている
d0337937_12115464.jpeg

感動の繭と絹
d0337937_12140733.jpeg


リヨンの伝統的な絹と金で織る
d0337937_12461504.jpg


カラフルな糸
d0337937_12234165.jpeg



d0337937_13071880.jpg


by linden2151026 | 2016-01-01 13:52 |

パリ在住リンデンの日々の出来事


by linden
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る