<   2016年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

リモージュへの旅 その5

もうひとつのミュゼを訪ねたが、工房は予約がいるとのことでブティックを見せていただく。
中庭にはリンデンの木。
中は撮影禁止。
d0337937_18345077.jpg



d0337937_18345119.jpg



d0337937_18345179.jpg



藤の咲く時期はきれいだろうな。
d0337937_18345204.jpg



d0337937_18345313.jpg


リモージュの街
d0337937_18345365.jpg


夕方のリモージュ駅舎
d0337937_18345463.jpg



パリ到着
d0337937_18395203.jpg


リモージュ焼きのミュゼ巡りも終わり。
パリにもショップがある有名なミュゼも訪ねたが、一切撮影禁止なので、撮れなかった。
そのミュゼには天皇家の紋の入ったリモージュ焼きの食器、英国などの各国のリモージュ焼きの食器、1858年のスーピエール、アンティークリモージュ焼きが展示されていた。
アンティークリモージュ焼きが大好きなので、ミュゼで
18世紀に実際使われていた窯をみたり、窯の中にはいったり、1700代のリモージュ焼きを見れたことは、とっても嬉しく感動的な旅だった。

いつもブログを読んで下さるみなさま。
ブログを2015年の9月からはじめてから、いつもコメントくださりありがとうございました。
感謝申し上げます。どうぞ素敵なクリスマスの夜をお過ごし下さいませ。

[PR]
by linden2151026 | 2016-12-25 18:30 | | Trackback | Comments(8)

リモージュへの旅 その4

リモージュ美術館の横が植物園になっていたので、散策する。
d0337937_08085930.jpg


ボリジが咲いている
d0337937_08085989.jpg


ノイバラの赤い実
d0337937_08090059.jpg



可愛らしい松ぼっくり
d0337937_08090089.jpg



この植物園の向こうにはヴィエンヌ川が流れている
d0337937_08090176.jpg



サンテティエンヌ大聖堂が隣にある
13世紀に建てられたゴシック教会
ここ大聖堂の建っている場所が、古代ローマ時代の建物があった、リモージュ発祥の地。
d0337937_08090102.jpg



d0337937_08090202.jpg


12世紀から13世紀にかけて建造された大聖堂
d0337937_10063433.jpg


美しいステンドグラスは15世紀から16世紀のもの
d0337937_10063533.jpg


羊さんのたくさんいる中、馬小屋でイエスさまのご降誕の様子が描かれています。
この羊さん陶器でできている。
d0337937_10063657.jpg







[PR]
by linden2151026 | 2016-12-25 17:52 | | Trackback | Comments(0)

リモージュへの旅 その3

リモージュ美術館
古代エジプトの考古学的発掘品や12世紀から名産のリモージュの七宝焼き、12世紀から現代までを展示されている。
リモージュ生まれの画家ルノワールの絵画もあった。
d0337937_07450837.jpg



d0337937_07450932.jpg



d0337937_07450948.jpg



d0337937_07451052.jpg



d0337937_07451141.jpg



d0337937_07451158.jpg



d0337937_07451276.jpg



d0337937_07451219.jpg



d0337937_07451339.jpg


d0337937_07451306.jpg







[PR]
by linden2151026 | 2016-12-25 17:50 | | Trackback | Comments(0)

リモージュへの旅 その2

d0337937_06240388.jpg



アドリアン・デュブーシュ国立陶器博物館
d0337937_06240482.jpg



d0337937_06240458.jpg



d0337937_06240547.jpg


リモージュ焼きのコレクションが数多く展示されている。
受付には親切なムッシュがいて、いろいろと説明してくれた。
子供のために陶器に関するいろいろな質問が書いてあり、とても熱心に勉強していた。
d0337937_06240580.jpg



d0337937_06240631.jpg



d0337937_06240630.jpg



d0337937_06240747.jpg


マリーアントワネットも好きだった矢車菊がちりばめられたティーセット
この復刻版はよく見られる。
d0337937_06350058.jpg



d0337937_06240768.jpg



d0337937_06240810.jpg



体も冷えてきたのでカフェであったかいショコラショーで暖まって
d0337937_06544573.jpg


寒い中スケートやそりすべりに興じる人々
d0337937_06544520.jpg


市場のアーチの上のところに陶器板がはめこまれている。
d0337937_06544615.jpg



[PR]
by linden2151026 | 2016-12-25 17:48 | | Trackback | Comments(0)

リモージュへの旅 その1

まだ暗いうちにオステルリッツ駅をでて
d0337937_02514187.jpg


約3時間乗ってリモージュ・ベネティクタン駅に着く
d0337937_02514219.jpg


ステンドグラスの美しい駅舎
ガラス職人で画家のFrancis Chigotの作品
d0337937_02514299.jpg


思わず美しい天井を見あげる
d0337937_02514301.jpg


d0337937_02514372.jpg


あいにくの雨
外からの駅舎
d0337937_02514432.jpg


ホテルもクリスマスムード
d0337937_04002966.jpg


d0337937_02514463.jpg


荷物を部屋に入れて、さぁ〜リモージュ焼きを見に
リモージュで1番古いミュゼへ
18世紀の窯
d0337937_02514564.jpg



d0337937_03080199.jpg


d0337937_05253887.jpg



窯の中に入って
d0337937_05253862.jpg


ガレット・デ・ロワの中に入れるフェーヴたち
d0337937_03080251.jpg


フェーヴの型
d0337937_03080260.jpg


リモージュ焼きの主原料のカオリンの土
d0337937_05253909.jpg



d0337937_02514688.jpg



大好きなアンティークリモージュ
1780年
d0337937_05253913.jpg


d0337937_05254060.jpg







[PR]
by linden2151026 | 2016-12-25 05:32 | | Trackback | Comments(0)

リモージュからメリークリスマス

サン・テティエンヌ大聖堂
d0337937_13225824.jpg


d0337937_13225808.jpg



d0337937_13225947.jpg



d0337937_13230068.jpg



d0337937_13230036.jpg



d0337937_13230174.jpg


d0337937_13230271.jpg



d0337937_13230262.jpg



リモージュのクリスマスマーケット
d0337937_13230304.jpg


d0337937_13230429.jpg


d0337937_13312776.jpg



d0337937_13312749.jpg



d0337937_13312856.jpg



d0337937_13312909.jpg


d0337937_13343730.jpg





[PR]
by linden2151026 | 2016-12-24 13:30 | | Trackback | Comments(0)

パリの歴史はここから ゼロポイント

ノートルダム大聖堂の前の前にあるゼロポイント
d0337937_09140006.jpg



ノートルダム大聖堂
d0337937_07422424.jpg


寒い中大聖堂の前で賛美歌を歌う人々
d0337937_07422536.jpg


大聖堂の中
d0337937_07422556.jpg


バラ窓のステンドグラス
d0337937_07422647.jpg


イエスさまの生涯が展示
d0337937_07422749.jpg



d0337937_09140146.jpg



d0337937_09140167.jpg




近くのクリスマスマーケット
d0337937_07422876.jpg



d0337937_07422805.jpg



d0337937_07422927.jpg


d0337937_09140266.jpg



d0337937_09140317.jpg


d0337937_09140302.jpg



d0337937_09140467.jpg




[PR]
by linden2151026 | 2016-12-22 09:12 | パリの街 | Trackback | Comments(2)

パリ・オペラ座ガルニエ宮〜オペラ座のバレエ〜

オペラ座のバレエを見に行く
入り口ではバック検査があって、階段をあがるとチケットチェック。
さらに大階段を登って
d0337937_09582133.jpg


大階段の天井
d0337937_09582265.jpg


そのまま大広間に
グラン・フォワイエの天井画
画家であるポール・ボードリーによるもの
d0337937_09582388.jpg


豪華絢爛
眩しいばかりのシャンデリア
この大広間の回廊にはバーが設けられ、幕間に観客が集まり、シャンパンやワインを飲みながら談笑する。
d0337937_09582433.jpg


クリスマスが近いので赤いツリーがひときわ目立った。
d0337937_09582443.jpg


観客席から見上げるマルク・シャガールの天井画「夢の花束」
d0337937_09582540.jpg


バレエ開演19時半からはじまった。
優雅に踊る姿に私たちは感激。

併設されているショップ
バレエのスタンド
d0337937_09582564.jpg


オペラグラス
オペラ座で使われていたので、オペラグラスと言われている所以だそうだ。
d0337937_09582677.jpg



写真はとりませんでしたが、蜂蜜も置いてある。
ガルニエ宮の上で養蜂が営まれているんです。


[PR]
by linden2151026 | 2016-12-20 02:40 | 趣味 | Trackback | Comments(6)

パリでのお誕生日会〜シャボン玉ショー〜

10月生まれの孫だが、ヴァカンス前に12月生まれの1番中のいいお友達と一緒にお誕生日会をした。
風船でみんな大はしゃぎ。
d0337937_08412993.jpg


去年はケーキを作るアトリエでしたが、今年は手巻き寿司を作る予定だったので、家にお友達に来ていただいた。
こちらではお寿司が大人気。前に仲のいいお友達とお母さまを呼んで手巻き寿司をしたら、とっても喜んでいただいたので、手巻き寿司をすることにした。

最初手巻き寿司のお手本を見せて、、、
さぁ〜まけるかな?好きな具を入れて
まぁ〜お上手ね。
d0337937_08413078.jpg


パリでは「マキ」が人気です。
日本人の方がしてはるお寿司さんは、握りも巻きも美味しいですが、お値段もいい。

最初巻き簀を使ってと思いまして買ってきたが、
お友達には難しいのではと、簡単に巻けるようにした。
上手に好きな具をいれて巻いて食べてる〜
よかったぁ〜
マグロよりサーモンが人気です。薄く焼いた卵とキュウリも好きですね🍣
d0337937_08413144.jpg


すぐにつまめるように、お魚が食べられないお子さまは卵とキュウリで。
d0337937_08413118.jpg


お友達のお母さまお手製のケーキ
d0337937_08413239.jpg



シャボン玉のショーのはじまりです。
パリのお友達の誕生日会も色々なショーがあります。
あるお家ではマジシャンを呼んだり。
今回はシャボン玉ショーの方をお呼びした。
d0337937_08413233.jpg
d0337937_08413303.jpg



d0337937_08413392.jpg



d0337937_08413464.jpg


頭にハートが
d0337937_08413432.jpg



d0337937_08542333.jpg



[PR]
by linden2151026 | 2016-12-18 08:42 | 行事 | Trackback | Comments(7)

サイプレスとジュニパーとユーカリのリース

お気に入りの花屋さんがある。
d0337937_06562661.jpg


店内はとてもセンスよく飾られている。店内に入ると何故か幸せな気持ちになる。
d0337937_06562744.jpg


この季節、他の花屋さんにはないサイプレスが置いてある。
先日伺ったときには、まだ入荷していなかった。マダムは「明日入るわよ」と。
寄ってみたら、店内に置いてなかった。でもマダムがすぐ気がついて、奥から持ってきてくれた。
わぁ〜サイプレスのいい香り。黄色い小さな蕾もある
今年はジュニパーもあった。嬉しい!

店内の写真も快く承諾していただいた。
d0337937_06562741.jpg



d0337937_06562880.jpg


サイプレス、ジュニパー、ユーカリ
d0337937_06562999.jpg



さぁ〜つくりましょう。
d0337937_06563072.jpg


クルッとワイヤーでまとめただけのリース
d0337937_06563014.jpg



d0337937_06563178.jpg


サイプレスの木はよく南仏に行くとみかけます。
ゴッホの絵でも有名な糸杉です。
古代から神聖な木とされ、宗教と深く関わってきました。
このウッディな香りは自然と呼吸が深くなります。
ジュニパーベリーの実はまん丸くて、かわいい。葉っぱは触ると痛い。これは精神を浄化、解毒があります。
ジンの原料でもある。ジントニックは有名ですね。
ユーカリはオーストラリアが原産ですが、世界中にあります。私も日本で育ててましたが、とても丈夫な木です。抗ウィルス作用があり、風邪にもいいですね。この季節は大活躍。

リースを作っていると、森の中にいるような香りにつつまれ、幸せな気分になりました。
[PR]
by linden2151026 | 2016-12-08 06:42 | 季節 | Trackback | Comments(8)

パリ在住リンデンの日々の出来事


by linden
プロフィールを見る
画像一覧