カテゴリ:未分類( 6 )

ブリュッセルが泣いてます

「ブリュッセルが泣いています.」
と孫のパパからラインであった。

ブリュッセル
d0337937_22273481.jpg


コンコルド広場の観覧車も追悼
d0337937_22273537.jpg


d0337937_22273518.jpg


ベルギーの国旗の色に染まるエッフェル塔
d0337937_08122692.jpg


d0337937_08122725.jpg



[PR]
by linden2151026 | 2016-03-25 22:28 | 未分類 | Trackback | Comments(2)

命日の日に      ~12月15日~

今日12月15日は、今から11年前シンガーソングライターのKさんが天国に召された日。

今でもKさんのあのこぼれるような笑顔と声を思い出す。Kさんは私のクライアントだった。
亡くなる年の最後のライブは私の生涯の想いでとなってしまった。
その時のライブのCDは今でも見れないでいる。
数年間はKさんのお話をすると、自然に涙が溢れてきて。この夏一時帰国した時もお参りに行かせていただいたのだが、思い出話をしていると涙が止まらなかった。

Kさんは末期がんでガンマナイフの治療をしており、ひどい痛みと不安が伴う中、私のサロンに足を運んでくださった。
「アロマがどれだけKさんの救いになるのか」
私はそんな疑問を抱えながら、トリートメントを続けた。

ある日、Kさんはこう話してくれた。
「先生がブレンドしたオイルを胸に塗布してからガンマナイフ治療室に向かうと、トリートメントを受けたときの心地よさを思い出し、心からリラックスできて不安が和らぎました」と。

もちろん、Kさんの病を私が治せるわけではありません。
しかし、Kさんの苦しみを少しでも和らげることが出来たという事実は私の心に深く刻まれた。
そして精油が持つ「チカラ」を強く確認出来た体験でした。
「エッセンシャルオイルは心を癒せる力がある」
私のアロマセラピストの原点、「心と心をつなぐ」ことの意味をKさんは教えてくれた。

Kさんに少しでも何かできたらと思い、再度英国へ旅立つことを決意。
がんケアの為のアロマセラピーを学ぶきっかけになった。

それはその後の私にとってとても大切なものだった。

d0337937_21240852.jpg


[PR]
by linden2151026 | 2015-12-15 21:23 | 未分類 | Trackback | Comments(6)

植物学の父  牧野富太郎氏のことば

~日本の植物学の父 牧野富太郎氏のことばより~

みなの人に思いやりの心があれば、

世の中は実に美しいことであろう。

相互に喧嘩も起こらねば、

国と国との競争も起こるまい。

この思いやりの心、むずかしく言えば

博愛心、慈悲心、相愛心があれば

世の中は必ず静謐で、その人々は

確かに無上の幸福に浴せんこと、

ゆめゆめ疑いあるべからずだ。



d0337937_23233415.gif
私の尊敬する牧野氏のことばは今の世の中にぴったりではなかろうか。



[PR]
by linden2151026 | 2015-12-13 21:03 | 未分類 | Trackback | Comments(7)

COP21 2015 in paris

同時テロから2週間、テロリストが逃走中のなか、
世界の首脳が集まる国際会議「自然環境を話し合う世界最大の会議 2015」が
明日30日から開催されるため、今日、明日はバス、車は使わないようにとのこと。

私はバスが好きなので、よく利用する。

今日は近くに歩いていこう。
パリ29日、午前11時。曇り12度。


d0337937_19061002.jpeg

[PR]
by linden2151026 | 2015-11-29 18:58 | 未分類 | Trackback | Comments(2)

フランスの祝日

今日は11月11日パリの祝日。第一世界大戦休戦記念日。
凱旋門の下には無名戦士が葬られている。
凱旋門広場で記念式典がとりおこなれている様子をテレビで中継している。

d0337937_02463929.jpeg

d0337937_02491852.jpeg


[PR]
by linden2151026 | 2015-11-12 02:38 | 未分類 | Trackback | Comments(4)

ファッションショー à Paris

16年前にイギリス在住のKさんを通してご縁があったデザイナーの康子さんのファッションショーが昨夜ありました。

大正から昭和初期の着物の生地が時を経て再び、デザイナー康子さんの手によって現代によみがえり、脚光をあびた昨夜のショー。
デザイナー康子さんの着物に対する愛情や想いが伝わってきました。
あらためて日本の素晴らしさを感じた夜でした。
19時半からショーがはじまり、20時半までショー。それからアペリティフ。
21時からディナー。
とてもおいしいフランス料理でした🍴
康子さんありがとうございました。
久しぶりにお会いして嬉しかったです。


d0337937_05165831.jpg

d0337937_05183392.jpg
d0337937_05191353.jpg





[PR]
by linden2151026 | 2015-10-12 02:47 | 未分類 | Trackback | Comments(0)

パリ在住リンデンの日々の出来事


by linden
プロフィールを見る
画像一覧