パリの追悼式典

今日は朝から追悼式典。今もテレビでレピュブリック広場から中継している。
d0337937_04341206.jpg


d0337937_04341320.jpg


朝の式典ではジョニー・アリディの歌がながれたそうだ。
d0337937_04341305.jpg


2015年1月7日シャルリー・エブト襲撃事件で亡くなった17人の方々、
2015年11月13日同時多発テロで亡くなった147人の方々の追悼式典で植樹した。
d0337937_04341317.jpg



164人の方々のご冥福を心からお祈りいたします。

★写真は放映されたものから



[PR]
by linden2151026 | 2016-01-11 04:36 | パリ同時テロ | Trackback | Comments(0)

パリ3度。
寒空の中、アンヴァリッドでの追悼式の様子がテレビで放映されている。
130人もの方が亡くなられた。17歳から60代の方々。亡くなられた方の名前と年齢を読み上げる。哀しみのシャンソンの歌声とピアノ。
深い哀しみの音色のチェロ。
オランド大統領は、「私達はこの日を忘れない・・・」からの言葉からはじまり、哀悼の意を表した。
突然命を奪われた哀しみ、無念を思うと胸が痛くなる。
ご冥福をお祈りいたします。

テレビの画面より

d0337937_19535178.jpeg


d0337937_19551007.jpeg


d0337937_19591336.jpeg


[PR]
by linden2151026 | 2015-11-27 19:32 | パリ同時テロ | Trackback | Comments(6)

涙なくしては読めない記事に出会いました

テロで妻を失ったレリスさんのメッセージ和訳全文:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/

  「君たちに私の憎しみはあげない」

金曜の夜、君たちは素晴らしい人の命を奪った。私の最愛の人であり、息子の母親だった。でも君たちを憎むつもりはない。君たちが誰かも知らないし、知りたくもない。君たちは死んだ魂だ。君たちは、神の名において無差別な殺戮(さつりく)をした。もし神が自らの姿に似せて我々人間をつくったのだとしたら、妻の体に撃ち込まれた銃弾の一つ一つは神の心の傷となっているだろう。

 だから、決して君たちに憎しみという贈り物はあげない。君たちの望み通りに怒りで応じることは、君たちと同じ無知に屈することになる。君たちは、私が恐れ、隣人を疑いの目で見つめ、安全のために自由を犠牲にすることを望んだ。だが君たちの負けだ。(私という)プレーヤーはまだここにいる。

 今朝、ついに妻と再会した。何日も待ち続けた末に。彼女は金曜の夜に出かけた時のまま、そして私が恋に落ちた12年以上前と同じように美しかった。もちろん悲しみに打ちのめされている。君たちの小さな勝利を認めよう。でもそれはごくわずかな時間だけだ。妻はいつも私たちとともにあり、再び巡り合うだろう。君たちが決してたどり着けない自由な魂たちの天国で。

 私と息子は2人になった。でも世界中の軍隊よりも強い。そして君たちのために割く時間はこれ以上ない。昼寝から目覚めたメルビルのところに行かなければいけない。彼は生後17カ月で、いつものようにおやつを食べ、私たちはいつものように遊ぶ。そして幼い彼の人生が幸せで自由であり続けることが君たちを辱めるだろう。彼の憎しみを勝ち取ることもないのだから。


[PR]
by linden2151026 | 2015-11-20 02:35 | パリ同時テロ | Trackback | Comments(3)

テロから4日目

テレビのスイッチを入れると今日もテロのことが流れている。
昨日月曜日から学校も通常通りあった。
1月のシャルリー・エブド襲撃事件の時は学校の前に何人かの警察官がしばらくいたが今回はそれはなかった。
近くのレストラン、お店も通常通り。

今思うのは、20代の自爆テロリストを生んだ背景は何だったんだろうと思う。
バタクラン劇場で亡くなった方の遺族の女性へのインタビューがテレビに映っていた。
沢山の遺族の方々の心境を思うと胸が痛くなる。心理的なサポートが必要だと思う。その現場に居合わせて負傷した方々にも。

テレビで指名手配のテロリストを見たせいか、7歳になったばかりの孫は昨夜ベッドに入ると急に泣き出した。
「どうしたの」と聞くと「日本に帰りたい」「恐い、恐い」「1月も何でパリばっかりなん」
ヴァカンス中10月生まれの孫は誕生日会を延ばして11月15日日曜日にする予定だった。とても楽しみにしていたから、前日14日に延期の旨の電話を娘がお友達のお母さんに伝えると、 孫は大声で泣き出し30分くらい泣いていた。
理由は子供ながらにわかっているのだろうけど、悲しくて、悲しくて泣いていた。
泣きながら「わかっているけど〜ちゃんたちはいけたのに、なんど私だけなん。楽しみにしていたのに」と。

フランスはシリアに再度空爆をした。

d0337937_20200863.jpg












[PR]
by linden2151026 | 2015-11-17 19:00 | パリ同時テロ | Trackback | Comments(5)

Pray for Paris

昨夜遅くに同時テロのニュースが飛び込んできた。
その時今年の1月のテロが蘇ってきた。
でもどうすることもできない。
直ぐにパリの友達、日本の家族、友人から電話、メール、LINEで安否の確認。

状況がよくわからないまま朝を迎える。
いつもと変わらない静かな朝。

テレビをつけると警察官が拳銃を構えている映像が。色々な映像が流れていて、だんだん状況がわかってきた。
今日はずっとテロのことが流れていた。

亡くなった方も今この時点で129人、負傷者の方は352人、予断を許さない方が99人。

テロにあったレストランの前に花束を手向ける人々、キャンドルを手向ける人々、路上でジョン・レノンの「イマジン」をピアノで弾いている映像がテレビに映っています。その方は弾き終わった後涙をぬぐっていた。「イマジン」は今日は特に胸に響きます。多くの方が冥福を祈っている。

テロの現場に居合わせたジャーナリストの方は時々涙ぐみながら語っていました。
若いテロリストだそうです。
いつも犠牲になるのは一生懸命生きている一般市民です。

パリでは国旗を降ろし、エリゼ宮では国旗に黒いリボンをかけて、14日から3日間喪に服します。
エッフェル塔もライトを消しています。
パリ市内は深い悲しみに包まれています。
オーストラリアのシドニーで、香港で、ニューヨークで、世界各国で亡くなられた方のご冥福を祈っている映像が流れています。




d0337937_07014919.jpg


d0337937_07014927.jpg


d0337937_07015070.jpg


d0337937_07015029.jpg

d0337937_07015093.jpg


d0337937_07015044.jpg


d0337937_07015116.jpg









[PR]
by linden2151026 | 2015-11-15 05:30 | パリ同時テロ | Trackback | Comments(4)