グラースの街〜香水の都〜

グラースの街、何度訪れても魅力的
d0337937_13011381.jpg


旧市街の中心オゼール 広場
d0337937_13011387.jpg


d0337937_13011494.jpg


d0337937_13011520.jpg


クリスチャン・ディオール- フレグランスのエスプリ展
d0337937_13011586.jpg


私は香水はあまりつけないが、唯一クリスチャン・ディオール ディオリッシモは好きな香り
ちょうど国際香水博物館で開催されていたのでのぞいてみた。
ディオリッシモ1956年
d0337937_16383698.jpg


d0337937_16404544.jpg

d0337937_16423109.jpg

d0337937_16434660.jpg

なんと繊細な刺繍でしょう
d0337937_16453440.jpg


[PR]
トラックバックURL : http://lindenpari.exblog.jp/tb/24671352
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by roserose0718 at 2017-06-30 16:38
こんにちは。
何もかも、全てが絵のようで素敵。

フランスは、光も言語の響きも優しく感じます。
Commented by linden2151026 at 2017-06-30 16:51
roseroseさん、ありがとうございます。
ブログ書いている途中でアップしてしまいました。
グラースは中世の街にタイムスリップしたような街です。
シャネルNo.5もここで生まれました。
Commented by o-rudohime at 2017-06-30 19:42
話題がかぶってしまいましたね。
香水の香りより瓶集めをしたようなものでした。
ジョイの香りはバラの香りなので好きです。
シャネルNO5といえばマリリンモンローが思い浮かびますね。
Commented by An at 2017-06-30 22:39 x
お久し振りです。お元気そうで何よりです。^^

パリの桃は面白い形をしていますね~
何だか可愛くて・・・

上から7番目の写真がとっても素敵で好きだなあ。

若い頃は香水が苦手でしたが叔父のお土産のシャネルNO.5
の甘い香りだけはとても好きでした。
甘いのに過剰でなくサッパリとしたところが好きでした。

ディオリッシモ1956年の容器が凝っていますね
うちの夫が好きそうです。 ユックリ見たいような物です。
最後の刺繍も 実物はもっと素晴らしいのでしょうね。
Commented by linden2151026 at 2017-07-01 00:30

> o-rudohimeさんな香水瓶すてきですよね。お花はフランジパニの花かしら?
orudohimeさんはバラがお好きなんですね。
Commented by linden2151026 at 2017-07-01 00:41
> Anさん、この桃可愛いでしょう。

ディオリッシモの容器素敵ですよね。
これは真鍮かしら?ご主人さまに聞いてみてください。バラの花や蕾、ジャスミンの形にみえます。
by linden2151026 | 2017-06-30 06:51 | | Trackback | Comments(6)

パリ在住リンデンの日々の出来事


by linden
プロフィールを見る
画像一覧