リモージュへの旅 その5

もうひとつのミュゼを訪ねたが、工房は予約がいるとのことでブティックを見せていただく。
中庭にはリンデンの木。
中は撮影禁止。
d0337937_18345077.jpg



d0337937_18345119.jpg



d0337937_18345179.jpg



藤の咲く時期はきれいだろうな。
d0337937_18345204.jpg



d0337937_18345313.jpg


リモージュの街
d0337937_18345365.jpg


夕方のリモージュ駅舎
d0337937_18345463.jpg



パリ到着
d0337937_18395203.jpg


リモージュ焼きのミュゼ巡りも終わり。
パリにもショップがある有名なミュゼも訪ねたが、一切撮影禁止なので、撮れなかった。
そのミュゼには天皇家の紋の入ったリモージュ焼きの食器、英国などの各国のリモージュ焼きの食器、1858年のスーピエール、アンティークリモージュ焼きが展示されていた。
アンティークリモージュ焼きが大好きなので、ミュゼで
18世紀に実際使われていた窯をみたり、窯の中にはいったり、1700代のリモージュ焼きを見れたことは、とっても嬉しく感動的な旅だった。

いつもブログを読んで下さるみなさま。
ブログを2015年の9月からはじめてから、いつもコメントくださりありがとうございました。
感謝申し上げます。どうぞ素敵なクリスマスの夜をお過ごし下さいませ。

[PR]
トラックバックURL : http://lindenpari.exblog.jp/tb/23740692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by PochiPochi-2-s at 2016-12-25 22:41
こんばんは。
メリークリスマス!
良い旅行でしたね。
好きなリモージュ焼きのお皿をたくさん見ることができて。
↓リモージュ駅舎の窓ガラスや、駅全体の雰囲気が小樽駅舎と
よく似ているなぁと思いました。
Commented by modesta at 2016-12-26 11:11
リモージュの旅楽しく拝見しました。
私も和洋を問わず古い焼き物が好きです。
アンティークや骨董と聞いただけで、胸が高鳴ります。
最近は、日常使いでどんどん楽しむ事にしています。
老い先が短くなってきたせいかも(笑)

Commented by linden2151026 at 2016-12-28 05:44
pochipochiさん、小樽駅舎ににているんですか。やはりステンドグラスなんでしょうね。
私は小樽には行ったことがありません。
Commented by linden2151026 at 2016-12-28 05:48
modestaさん、いいですよね。私もブロカント行くときはいつもワクワクです。
今のリモージュ工房は現代的で、アンティークの方が好きです。そうですね。私も楽しんでいます。
Commented by lavie625 at 2016-12-29 11:04
いつも楽しみに拝見させて頂いています。
有難うございました!
どうぞ良いお歳をお迎えください。
Commented by linden2151026 at 2016-12-30 06:39
lavieさん、こちらこそありがとうございます。
今年もあと2日ですね。
今年もありがとうございました。
lavieさんもどうぞ良いお年をお迎えくださいませ。
Commented by nonko2014 at 2017-01-01 21:50
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

夢の世界を旅するブログに出逢えて幸せです *^^*
ありがとうございます。
Commented by linden2151026 at 2017-01-02 02:37
nonkoさん、明けましておめでとうございます。
私の方こそどうぞよろしくお願いいたします。
いつもnonkoさんの絵手紙楽しみにしています(^^)
by linden2151026 | 2016-12-25 18:30 | | Trackback | Comments(8)