バゲットとトラディションの違い

私が住んでいる7区にはたくさんのパン屋がある。

クロワッサンやパン・オ・ショコラ
d0337937_16173774.jpg


パン・ド・ミ
d0337937_16173782.jpg


それぞれお店のこだわりと特徴があり、パンの味も違う。
いつも娘はトラディションを好んで買う。どうしてかしら?と思いつつ、、、
ずっと気になっていたので、どちらも買うことにした。

左がバケットで右がフランス伝統のトラディション。
d0337937_16173876.jpg


中身はこんな感じ
違いが一目瞭然ですよね。
左がトラディション、右がバゲット
気泡がたくさんあるほうがトラディションです。
d0337937_16173988.jpg


お値段はお店によっても違うが、このお店はトラディションが1.20€、バゲットが1€。

タルティーヌにしてみました。
最初は何もつけないで、それぞれの香りと味を楽しむ。
トラディションは十分に発酵した香りと味。弾力があって表面カリカリ、中はしっとりもちもち。
バゲットは表面は柔らかく、味はあっさり軽く、でももちっとしている。
これはもう好みですね。
バターを塗って、その上にソバージュブルーベリージャムをのせて、カフェ・オ・レと共に。
d0337937_16174002.jpg


フランス人にとっては、主食のパン。日本人のお米のようなもの。
毎年パリ市とパリ商工会議所主催のコンクールがある。1994年にスタートした。その年に1位に輝くと1年間大統領官邸エリゼ宮に納めるという栄誉が与えられるそうです。

2016年パリ、バゲットコンクール1位のお店。
d0337937_16174150.jpg


d0337937_16174158.jpg


先日出かけた時に、偶然寄ったお店でした。
[PR]
トラックバックURL : http://lindenpari.exblog.jp/tb/23688990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by modesta at 2016-12-04 22:40
美味しそうなパンが沢山@@。バゲットの他にトラディッション?成る程ね。私は後者が好きです。でも夫は表面が固いパンは、口の中が怪我する?と云って好まないので、いつもパン・ド・ミばかり(涙)かと云って2種類買うのも面倒くさいし。
Commented by linden2151026 at 2016-12-05 08:55
modestaさん、実は私もパン・ド・ミ時々いただきますよ。おいしいですよね。
by linden2151026 | 2016-12-04 16:27 | C'est bien! イイね! | Trackback | Comments(2)

パリ在住リンデンの日々の出来事


by linden
プロフィールを見る
画像一覧