香水の街 グラース その2

その1の写真のムスクやアンバーグリスは動物性の天然香料だ。
ムスクは麝香(じゃこう)と呼ばれる。
麝香(じゃこう)は雄のジャコウジカの腹部にある香嚢(ジャコウ腺)から得られる分泌物を乾燥したもの。
かつては麝香の採取のために大量に殺されたジャコウジカは絶滅の危機に瀕し、絶滅のおそれのあるため、現在はワシントン条約によりジャコウの商業目的の国際取引は禁止されている。
ムスクは有名なシャネルNo.5にも使われている。
昔の方が今より濃厚な香りだったそうだ。

アンバーグリスは龍涎香(りゅうぜんこう)と呼ばれる。
マッコウクジラが食べるイカのくちばしが消化できなくて、固まったものである。
1986年以降、商業捕鯨が禁止されたため、入手困難になっている。
その他にも動物性の天然香料シベット(霊猫香)などがある。


植物性の天然香料は精油(エッセンシャルオイル)と言われる。何百種類もある。
フラゴナール博物館の温室にある、いくつかの植物。
ベルガモット
d0337937_12290244.jpg


ベチバー
d0337937_12301145.jpg


セージ
d0337937_12315489.jpg


カルダモン
d0337937_12363106.jpg


ジャスミン
d0337937_12374662.jpg


マンダリン
d0337937_12384440.jpg



香水を作るときには、これらの動物性の天然香料と精油である植物性の香料と合成香料、このふたつを合わせた調合香料を数百種類もブレンドする。

ネ(nez)と呼ばれる調香師は、数百種類の香料の入った瓶が並んだオルガン(調香台)の前に座って調合していく。

d0337937_12435579.jpg


50から250種類ぐらいブレンドして香水を作っていく。
昔、聞いたところによると、調香師になるには10年かかるそうだ。それほどの訓練が必要なのだ。
お酒、タバコ、辛いものなど食事も制限される。
香りを研ぎ澄ますにはそのこともとても重要なことかもしれない。

香道をしている時、早めに着いたので食事をしてから 行ったことがある。
その日はいつものように香りを聞くことができなかった。
その日以来香道の日は食事をとらないようにした。

[PR]
トラックバックURL : http://lindenpari.exblog.jp/tb/22859732
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pallet-sorairo at 2016-02-09 10:05
調香台のことをオルガンと言うのをlindenさんのところで初めて知りましたが、
これはまた、本当にオルガンのようですね。
こんなにたくさんの香料を組み合わせる術を知っているなんて…
lindenさんも魔法使いのお一人か!なんて思ってしまいます(^^ゞ
Commented by An at 2016-02-09 12:27 x
本当に オルガンのようなこの机の前に座って 自分の感性(本能)を呼び起こし
集中する・・・この人時こそ 人間的で素晴らしい作業のように思います

様々な写真から 香りが感じられ楽しく見せてもらいました
ありがとう!
Commented by linden2151026 at 2016-02-09 16:18
palletさん、コメントありがとうございます。
私は調香師のように数百種類は組み合わせませんが、香水作りは楽しいですよ。
世界でただ一つの自分だけの香りができるので。香水はつけないのですが、香りを楽しみます。
Commented by linden2151026 at 2016-02-09 16:21
Anさん、コメントありがとうございます。
その後いかがですか?よくなりましたか?
調香師は食事や、お酒など厳しいらしいですよ。嗅覚を研ぎ澄ますのでしょうね。
Commented at 2016-02-09 18:04
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by yu_ado at 2016-02-09 22:35
リンデンさん、こんばんは~
最近、エキサイトブログのコメント欄がなかなか開きません。
みなさん、ご不自由に感じておらえるでしょうね。

今日はさくっと開きました^^ヾ
動物性の匂いは、柑橘系の好きな私には、きついかなって思います。

リンデンさんの専門の記事は、講義を聴いているような内容で、知らない世界を垣間見られて有難いです。

今日は何度も、ありがとうございました。



麝香というのは、そのような部分から採取するのですね!
Commented by linden2151026 at 2016-02-10 01:19
あどさん、コメントありがとうございます。
私のパソコンのコメント欄は開きません。
iphoneから書いてます。どうしたんでしょうね。前に書いたブログもいくつか消えてしまいました( i _ i )
アロマセラピーで作る香水は動物性のものはいれないんですよ。精油のみです。一般的な香水は使います。
このブログ講座みたいでしたか。
生徒さんに発信しているのではないのにね😞
グラースには3回訪れているのですが、その時はデジカメで撮ったんです。
パソコンにある写真みてましたら、出てきましたので、備忘録として書いておこうと思いました。
ひょっとしたことで、以前行ったところを思い出しますね。最近は。
Commented at 2016-02-10 08:35
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by linden2151026 | 2016-02-09 06:30 | アロマセラピー | Trackback | Comments(8)

パリ在住リンデンの日々の出来事


by linden
プロフィールを見る
画像一覧