C'est bien! イイね!   ~カフェで~

気のせいかもしれないが、ムッシュもマダムもヴァカンスが近いせいか笑顔。

朝行ったカフェでも。
オーダーに来たムッシュも、他のムッシュも。

d0337937_08331042.jpg


不思議。偶然にも昨日友人とクロテッドクリームの話をしていた。
食べたいねぇ〜と。
今日行ったカフェのプチデジュネ(朝食)についていた。
スコーンにクロテッドクリームとアプリコットジャム、フレッシュオレンジジュースとカフェオレ セボン (^^)
d0337937_08331120.jpg


なんとまぁ朝から豪華なんでしょう。
もうお昼たべれません。
フランスパン、ハム、チーズ2種類、半熟卵、ラスクも。

d0337937_09123759.jpg


日本で言ったらモーニングサービスでしょうか。
それでも量が多い。ひとりでは。シェアしてちょうどいい。

このカフェのお手洗いにはボールの中に
小判のタオルが置いてあった。
日本では普通かもしれないが、パリでは珍しいことなんです。

d0337937_09123777.jpg


下は使ったタオルを置くところ。

d0337937_09123870.jpg


ボールにはトイレットペーパーが無造作に。

d0337937_09123882.jpg



このカフェに行く前に大好きなミモザに、出会った。
孫のヴァイオリン教室の中庭で。
春一番に咲くミモザ

d0337937_09123872.jpg



d0337937_09123923.jpg











[PR]
トラックバックURL : http://lindenpari.exblog.jp/tb/22651836
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2015-12-16 13:10
タイトル : 倉冨亮太さんの繊細な美しいヴァイオリンの魅力
プロコフィエフ『ヴァイオリンソナタ第2番』ニ長調Prokofiev ” Violin Sonata No. 2 ” 2013年の東京藝術大学のモーニングコンサートでベートーヴェン『ヴァイオリン協奏曲』のソロで、濃密で繊細な音楽性豊かな表現で今まで聴いたことのないような新鮮な感動を体験させていただいた倉冨亮太さんから、藝大の修士リサイタルの招待をいただき、期待をこめて聴いてきました。... more
Commented by sternenlied at 2015-12-13 15:42
わあ、朝食がおいしそうです。特に最初の写真!
スコーンにクロテッドクリームって
いつか食べてみたいと思いながら食べたことがなくて。
カフェオレにハートが浮かんでいるのですね♪
ミモザに小粋なカフェでプチデジュネ、
素敵な一日の始まりを過ごされたようですね。
Commented by PochiPochi-2-s at 2015-12-13 16:16
こんにちは。
クロテッドクリームにスコーンをパリでですか?
どちらも“????イギリス”ですけどね。
おもしろいです。
ブロンテ一家の住んでいたハワース村で食べたスコーンを
思い出しました。イギリスに似合わず(?)とってもおいしかった。
パリで食べるのもオツなものですね。
パリでは、より洗練された味?

B&Bのイングリッシュブレックファーストはもっと量が多いですよ。スイスのプチホテルの朝食もやはりこれくらいあって量が多かったです。
いい朝食タイムでしたね。

ミモザは、イタリアでは女性に贈る花、愛を表す花だと
以前テレビで見ましたよ。
ミモザの咲く頃ミモザの花束を女性に贈り、愛を告白したり、
自分の妻への愛を表すと。
女性はこの花をもらうと最高に嬉しいと。

可愛い花で私も大好きです!
Commented by linden2151026 at 2015-12-13 19:35
sternenliedさん、いつもありがとうございます。
ここのお店はとても賑わっていました。
イギリスのスコーンやクロテッドクリームのほうが数倍美味しいんですけど、ここのも美味しかったです。
以前にコッツウォルズのマナーハウスに行った時に食べたクロテッドクリームがとてもおいしくて。
スコーンもイギリスは大きいんです。
Commented by linden2151026 at 2015-12-13 19:49
pochipochiさん、いつもありがとうございます。
そうなんです。でもあんまりみかけないのですが。
イギリスのスコーンは普通にコンビニみたいなところで買っても、駅の売店で買っても美味しいんですよね。さすがだと思いました。個人的にはパリより、
イギリスのスコーン、クッキーのほうが好きですね。

イングリッシュブレックファーストも多いですよね。あの薄ーいトーストが懐かしい。ヨーロッパは量が多すぎて。
私、朝はいつもクロワッサン1つと、カフェオレか、野菜ジュースなんです。年々食べれなくなります。体重は減らないのですが(´;ω;`)ウッ…
ミモザはイタリアでは女性に贈るんですか。素敵ですね。
私なんか、そんないただいたら気絶しそうです(笑)

あの小さい毛糸玉のような花が魅力的ですよね。
日本では春一番に咲きますもの。

pochipochi さん、ミモザの花の絵描かれていることでしょうね。

Commented by chiffonmini at 2015-12-13 23:22
「スコーンにクロテッドクリーム」
憧れの食べ物です(笑)

パリではもうミモザが咲いているのですか?
うちのミモザはまだ固い蕾です。

男性から女性にミモザをプレゼントする
イタリアの「ミモザの日」は3月8日なんですが、
日本ではまだ咲いてないんです。
(満開が3月中旬~下旬)

だからきっと広まらないんでしょうね、

「ミモザの日」
日本では3月20日くらいに設定したら
一気に流行る事でしょう(笑)
Commented by echaloterre at 2015-12-14 00:33
まあ、たっぷりのプチデジュネ!
フランスらしからぬ量にlindenさんもびっくりしたことでしょうね。
ミモザ、早いですね。
かつて南仏に住んでいたとき、1月終わり頃だったかに咲き始めるミモザを見て早いなと思っていましたが
年々、早く咲くようになってるかもしれませんね。
我が家のお向かいさんのミモザもそのうち咲くかしら。
Commented by linden2151026 at 2015-12-14 09:41
しふぉんさん、いつもありがとうございます。
パリ市内ではあまりミモザは見かけないので、写真撮りました。そうですね。日本はその頃ですよね。
イタリアは暖かいんでしょうね。
Commented by linden2151026 at 2015-12-14 09:45
echaloterreさん、いつもありがとうございます。
量多いですよね。パリに来た時近くのカフェに行った時もクロワッサンに、ジュース、そしてオムレツでしたよ。
このミモザ
まだつぼみのほうが多かったですけど。早いですよね。やはり世界的に暖冬ですね。
by linden2151026 | 2015-12-13 09:20 | C'est bien! イイね! | Trackback(1) | Comments(8)

パリ在住リンデンの日々の出来事


by linden
プロフィールを見る
画像一覧